ゆう学舎の学習方法


勉強法1 集中できる学習環境をつくる

ゆう学舎では意欲的に勉強できる環境づくりに力をいれています。きれいな教室であることはもちろん、生徒たちが真剣に勉強に取り組むことによって作られる「自然とやる気が湧いてくる空間」もゆう学舎の特徴の一つです。


勉強法2 具体的な目標を定める

ゆう学舎では、目標を持つことによって行動が変わり、より大きな成果を得ることができると考えています。志望校合格に向けて定期テストや模擬試験の目標点を具体的に定めることで、生徒の学習意欲を後押ししています。また将来の夢も大切です。


勉強法3 間違いをそのままにしない

成績向上には間違えた問題にどう対処するかが重要です。ゆう学舎では間違えた問題の印のつけ方から指導し、「わからなかった問題」「間違えた問題」の解き直しを徹底しています。「わかった」で終わるのではなく「できた」を大切にしてほしいと考えています。


勉強法4 「なぜ」「どうして」を大切に「考える力」をつける

ゆう学舎では、生徒が抱く「なぜこうなるの?」といった疑問を大切にした指導を行っています。生徒が自分の疑問を考え解決できるように間違えた問題は一問一問細やかに解説をし、正解を導き出せるよう指導しています。


勉強法5 実際に書いて確認する

試験では正確なアウトプットが必要です。「記憶したつもり」「理解したつもり」では得点に結びつきません。ゆう学舎では生徒が「記憶できたかどうか」「理解できたかどうか」を解き直しと確認テストをすることで満足度を高め、生徒の自信につないでいきます。


勉強法6 やればできるという経験を積む

「できない」「わからない」「むずかしい」という気持ちの強い生徒は解く前から無理と思っているケースが多いものです。ゆう学舎では、かゆい所に手が届くような細かい解説を個別に行います。頭と心で納得し、やればできると実感できるまで指導しています。


勉強法7 基礎・基本を大切にする

「頑張っているけれどもなかなかケアレスミスが多く、点数が上がらない」という声は多く耳にします。基礎・基本をおろそかにし、自己流の解き方をしているケースが多いようです。ゆう学舎では、基礎・基本の土台作りを徹底させています。コツコツと丁寧に考え、学び続けることが何より大切です。